娘の食間隔が1間隔から30パイに短縮しました

2年齢のお子さんはカジュアル、1食1日にちぐらいかけてご飯を食べます。遊んでいるわけではなく、一所懸命、フォークやスプーン、箸にて黙々と食べてある。三角食べをするように促していますが、汁物を先に飲んでしまったり、ご飯だけ先に食べてしまったりすることがあり、途中でペースダウンしてしまうことがよくあります。しかし、今日は変わりました。お子さんと共に買ってきた野菜をたっぷり入れて、リクエストのあったシチューを作った部位、いつもより分量を多くしたのに30食い分で完食することができました。ゴロっと野菜でフォークで刺しやすかった企業、じっくり煮込んで柔らかくなっていたこともあるのでしょうが、やはり、お宝は格別のようです。「これはわたくしが買ったサツマイモだよ!」など、交換も弾みました。日毎1日にちかける3食で、長時間が取られていましたが、30食い分に略字したことで一緒に遊ぶ日にちが目立ち、お子さんも満足しているみたいでした。これからも食べたいとしてくれるような食物組立を通していきたいと思います。