変質ヤツ一歩手前に達することでした。

会社で、サンクスから出て、さて帰ろうと思ったのですが、弱みは手元にある50000円くらいの財なのですが、これを処理するのは、実質その時点で、セブンイレブンしかないよなと思いました。
その時、隣席で別の女と幼児がいて、クルマの通りを待って、車道を渡ってしまおうとしていました。
普通の個性的な面構えの女と、ちっちゃい女子だったわけですが、その女も、髪を一つに束ねて、メガネという初恋のはしもとよしえ氏風の外見でした。
何となく、夢して、頭の中で仲良くならない、と話しかけていらっしゃる自分がいました。
そると、夢の中で、その妻との話が始まって、きっと仲良く生まれ変われるだろうと願い、自分としては、一緒に仲良くなろうと出来上がっていて、その母子が通った先に一緒に走っていきました。
隣席を通って、振り返って、面構えを見て、「しまったわたくし、凄い不審ヒトがられていらっしゃる」と思いました。
考えてみると、変質ヒト一歩前でしたね。困ったものだ。