都内五輪スタートについて想う会社

近頃のレポートもワイドショーも都内五輪のアリーナ建設の題目でもちきりだ。
特にボートのアリーナは、新建設に当初の任務の何ダブルという費用がなるということで揉めてある。
建設の選択肢企画として宮城県のボートフロアが代わりに挙がっていますが、ボート協会の会長などが大反対している。
新国立アリーナの建築企画を決定する際もひと悶着あったのは経験に新しいところです。
都内五輪の誘致で沸いた以前は、まさかこんなにお金がかかるとは仮説もしていませんでした。
1964階級開始ときの建物を改築するなどして活用するやり方とばかり思っていました。
2020階級事柄に新しいアリーナや建物を多額のTAXを投入して吐出し、その後に廃れてしまってはアテネの二の舞だ。
どうにか既存の建物を活用したり、都内以外のアリーナを使うことで解決できる部分はないのでしょうか。
今回のボートで企画に上った宮城県内が都内から離れていると言っても長時間だ。
東北再建のアピールにもなり、良い企画だと思うのですが。