橋の護衛員君の後日談。大変よね

警備員さんの後日談ですが、今日は工事がなく、ただ警備員さんは、ここを工事やるよと、それだけのためにおるみたいでした。
大変よな、警備員さんと思いながら通っているのですが、帰りに、警備員さんが余りにもヒマだったらしく、橋の下を「うわー高い」と見ていたら、一々やかましく言う上司主将がうるさく言っていました。
警備員のオジサン、戻ったのですが、相変わらず、あの出勤は本当に人脈です。
実際、災害が起きたら、警備員さんの力不足にされてしまうので、最低でも声かけはしなくてはならないのですが、通行人がそんなに災害を起こすかといえば、大体自分から逃げますし、本当に警備員さん、あっちは暇なのだと思います。
とにかく厳しい土建屋さんもいませんし、まあ考えを楽にしてやっていればいいと思っていましたが、主将も、道端に座りながら、注意して掛かるという事で、考えが楽な出勤でありながら、くたびれるものでもあるよなとしていた工程でした。