囲碁マエストロ戦七番合戦第5局を観て

前日、井山ナンバーワン対高尾九段の試合が行われた、第3番組迄は、高尾九段の3連勝で有った。第4番組で1勝を収め最初勝三敗での第5番組、ハラハラしてニコニコ動画に食いつく様にして最初から最後まで観たが、中盤までは普通の僕には高尾九段が優勢に見えたしコンピューターの選択も高尾九段の優勢を示していた。オブザーヴァーは、まだ思い付か!死にそうな石が生きれば井山ナンバーワンに達成があるとの選択で有った。中盤からラストに達するところ井山ナンバーワンの戦略に高尾九段が殺すのを諦めた様な戦略を打った。オブザーヴァーも生きを測定、井山ナンバーワンに痛手は無いだろうと言っていた、コンピューターの選択はまだ高尾優勢を示していたが、とある1戦略を打った途端に井山ナンバーワンが有利に動いたのである。オブザーヴァーは、井山ナンバーワン達成を断定したが、それから、井山ナンバーワンの戦略が緩み細かく成ったと説明していたが3眼半分で勝を収めたのである。井山ナンバーワンは、小学生2年生で少年女児囲碁フェスティバルで優勝、其のところからの気違いで井山ナンバーワンを注視していたが、達人に成って何年か音沙汰無かったが、NHK囲碁対局に芽生える様に成ってまた観れる様になったのである。今年は囲碁史上初めての7名前を達成、将棋の羽生棋士7名前の保全の間を抜いたそうである。ナンバーワン戦は、まだ二勝三敗で険しい状態であるが、正邪のち二勝してナンバーワン前後を続けてくださいと心から願っている次第です。p