私が実に行なっている資金に困ったときの構想

自身は、凄く買い物が大好きなので、 
お金があれば、買い物に出掛けに行きます。
ですから、一気にお金が絶える事もあります。
その時、自身が実に行っている段取りの仕様を紹介していきたいと思います。
その段取りはいくつかあるのですが、どれも凄く簡単な事です。
まず、内瞳の段取り企ては、基本的に我が家にいらっしゃる事です。       
どうしても、外側に出かけてしまうと
何か買ってしまったり、外食に行ったりして
有料になってきます。
ですから、お金が消え去りみたいに
最小限、我が家におけるようにしています。
あまり使わない事が、一番の回答です。
次に、二つ瞳の段取りは、使わなくなった物を売りにいく事です。
レクレーションチャンスやレクレーション柔和、それに戯画など
売りにいく事によって、多少なりとも、キャッシュを定める事が出来ます。
特に、私の部屋は戯画で部屋のスペースを売るので、
読まなくなった戯画は良く売りに行きます。
そしたら、自然と部屋の片づけにも変わるので
一石二鳥だと思ってやっています。
最後に、自身が苦手な一番の回答を紹介します。
それは、普段の一生から多少なりとも、
キャッシュを積み増しを通しておく事です。
普段から多少なりとも、積み増しを通しておけば
もし、困った時に使えるので、わたくしも
これからは多少なりとも、積み増しをする努力をしていきたいと思います。
限り、自身がキャッシュに困った時にやる段取りでした。

散策中にあった現象とかの課題

豪雨続きだったけれど、やっと天気が回復したから外部にふらっと出てきた。
日頃急ぎ足なぶん意識してゆっくり歩いてみたのだが、そうするといつも見ている展望が結構違って見えて面白かった。
たとえば、今どき急に冷え込んできたからかさきほどまで夏季の色合いを通じていた思いがもうすっかり秋の色合いになり始めていたり。
まだまだ紅葉と呼び込めるほどではないけれど、概要は難しいが青々とした感じではなくなっていていよいよ夏は過ぎ去ったんだなぁと実感したな。
で、そんなことを考えながらのんびり歩いていたら可愛い猫に出会った。
動物大好き人間だから、もちろん可愛がりたいなって思っていたのだけれど、猫に嫌われやすいようで今までどの猫に手法をしかけてもアッという間に逃げられてしまっていたから今日も不能だろうと遠目から眺めていた。
そしたらなんとあっちから近寄ってきてくれたんだ。
それはもう、思う存分撫でで・・・ふわふわの毛がたまらなかった。
たまにはこのゆっくりした期間をあかすのもいいなぁと思った日でした。

雑多に奥さんの言及を聞きながら、インターネットブログを書いています

今日は寒いというのですが、全部暖かいというのですが、さっぱりわかりません。
感じ気温が千差万別違うなと思って、考えていたら、女房の亭主、岡崎ちゃんへの通報が来なくなってしまったのが、まずいであろうについてになったのだそうです。
なんでも、フィルム買わないというメールが来ていて、女房は、その時寝ていて、暫く考えがつかなかったようです。
先、遅くなってメールをしたのですが、通報は取れず仕舞いだったについてらしきのでした。
まあ、長く蔓延る仲ほど、すぐ返り咲きするものだとしていたら、いきなり、こんな民家はあるのだろうかという話を聞かされました。
近くのパーツなのですが、近くは郷里、地名でいうと軍畑大橋の所になるのですが、随分、里に民家を貰うのかと思ったのですが、まあアイデアによっては良いですよね。
なんて相談ながら、夜は更けて出向くのでした。
胴が空いたのですが、摂るものはないのですかねえ、民家以前の話ではないかというのですけれど。

昨今、積み重ねることが出来ている御弁当創造。

目下、御弁当リサーチを順調に積み重ねることが出来ている。
前より、やることが増えて、そのぶん時間も少なくなってきているはずなのに、
ストレスなく、保ている。
今日の御弁当は豚のロース丼とゴボウの炒めたのを作りました。
ゴボウの炒めた食事は、
前、よく母親が作ってくれた懐かしいテーストがして、
食べると癒し、美味しい味がしました。
1誌のゴボウで作ったのですが、量的に1誌だと少ない感じがしたので、
豚のロース丼があって良かったなと思いました。
最初は豚のロース丼を作りあげる了見はなかったのですが、
ゴボウの炒め賜物の出来上がり容量が少なすぎたのと、
前に御弁当を作ったときに残っていたロースの空白を片づけたかったので、
急遽、豚のロース丼を作ったのですが、
容量がちょうど良い感じになって良かったです。
ただ、ごぼうの茶色、お肉の茶色で、御弁当が少し、
茶色過ぎましたように思いますが。
とも、レシピを見なくても、もう焼けるので、
また何かの機会に作りたいなと思いました。

御弁当の惣菜にヤンニョムさんまを作りました。

御弁当の惣菜にヤンニョムさんまを作りました。
見た目は美味しそうに出来たのですが、
魚のワタを追い抜くという計画を、
内面で理解していないとおりクッキングしたので、
たくさんの小骨が残ってしまうに関してになってしまいました。
小骨を取ろうとしたのですが、
細かい骨だらけで皆とっていくと、さんまのカタチが消えて出向く感じがして、
あぁ、失敗したかなと思いました。
そのため、無事に食べれるのかどうかが心配です。
さっき、処方箋をみたのですが、
『念頭と尾をなくしワタを抜く』といため、書かれていたので、
そんなに気にしなくてもセキュリティーかなと思ったりも行うが。
でも、今回、失敗したおかげで魚のワタを抜くという計画を勉強したので、
後からは頑張ってやってみようと思います。
御弁当を取るのは、自分にとって良い気分切り替えにもなるし、
日々のカットにもなるとしていたのですが、
最近、自分にとって良い気分切り替えにはなっているものの、
カットに繋げることが出来ているのか、少し問合せに見なし始めました。
食事は好きなので続けたいは思っています。

現代は達するよな20時世も住んでいればと

A君のご両親って発想つかなかったのですが、怖い個人ではないのだろうなとは思いました。
ただ、A君ご本人が、15年齢の時に、長屋に置いてかれるくらいの分の素性だったは聞いた事があったので、もしかして怖い個人なのかは思っていたのですが、そのA君も、今は本当に情に厚く、仲よしの中で慕っていらっしゃる個人は沢山います。
そのご両親のマイホームに、A君が直、業の助けに向かうと話していたのを思い出しました。
なんか20世代もいると時代を感じるよなあとおやじは思います。
20世代って、来た時、こちらは10代だったわけですから、それは経歴も変わって当然ですよね。
なんて思いながら、そういえば父兄の仲よしK君が、ひょっとしたら自宅の奥多摩に行くかもしれないという話を思い出しました。
K君の亭主というのが婿君なので、親に何かあった事例、K君の亭主が自宅に舞い戻る可能性もいるとか、色々あるのだそうでした。
まあ結婚してない自分には関係ない業界ですが。

軍畑というと、思い出深い要所ではありますが、

軍畑というと、北条軍とそちらの三田という豪族がやりあった凄まじい勝負の以下が残っている所ですね。
北条氏照は、何万という軍を八王子からせめて攻撃して、三田という豪族は、やられてしまったという話がありますが、その名物があるだけで、特に探るものがいらっしゃるわけでもありません。
というより、その軍畑大橋をターミナルから川を通って渡った所に、なんと、賃貸マンションがあるという有名な話があるのですね。
これが誰か一体借り上げるのであろうかといった周辺なのですが、広場は広いのでしょうが、この辺、賃料が高い事で有名なので、それ程人が入っていないというのが現状です。
十中八九、田舎の2DKくらいの賃貸を借りて、何に使おうというのでしょうか、
まあ穏やかで住みやすいなど、色々な誘惑がああり、なおかつ、この辺の住宅は高いというお客は借り入れるのかもしれませんが、アトリエなどがあるわけでもないですし、あの賃貸は未だに難問といえるでしょうね。
軍畑、従前、ゼロターミナル間違えて降りたっけ汗

空調ケガ中頃につき急きょストーブを。

なんか急に寒くなったのにエアコン故障してて、、だからストーブ出してきた。灯油も買ってこなきゃな?。
というか、ポリタンクってあの構想とかコントラストとかどうにかならないのかな?。
もっとおしゃれなやつがあってもおかしくなくないのに。
で、調べてみたんだけど、
ポリタンクのアバウトなシルエットは1930年齢中期からドイツで開発されたらしき。
UVによる一部分の衰弱を防ぐ結果、赤、青、など不透明にコントラストが塗り付けられてるんだってさ。
でもマキシマム驚いたのが、
赤(東日本で流行)と青(西日本で流行)に大別浴びるについて。
初めて知った…。
結構ショッキングな知らせ。
赤色は、消防車や赤信号なんかのイメージで、危険であることを表すコントラストとして関東で定着したらしき。
確かにむやみに火の近所なんかに置いたりしたらトラップだよね。
ポリタンクを製造する時に、着色に取り扱う塗料は青のほうが安かったから、ディーラのストリートです関西では青色が定着した同様。
さすが関西だね。
さらに、
外国のカッコいい灯油缶を買って、口のがたいが違うためにポンプが使えないからDIYで改造して使ってる者もいるみたい。
ステンレス製で結構かっこよく玄関を飾ってる写真が載ってた。
やっぱ自分で何でも作っちゃうとか、DIY巧みですとか、良いよね。
そういうダディが欲しいな?なんて言ってるときじゃなかった。
灯油買ってこないと凍えて死ぬ!
ちょっくら行ってしまう?。

橋の防衛員くんの後日談。大変よね

防御員君の後日談ですが、今日は工事がなく、ただ防御員君は、ここを工事やるよと、それだけのために要るみたいでした。
大変よな、防御員君と思いながら通っているのですが、帰りに、防御員君が余りにも倦怠だったらしく、橋の下を「うわー高い」と見ていたら、一々やかましく言うボスリーダーがうるさく言っていました。
防御員のオジン、戻ったのですが、相変わらず、あの商いは本当にネットワークです。
実際、惨事が起きたら、防御員君の力不足にされてしまうので、最低でも声かけはしなくてはならないのですが、通行人がそんなに惨事を起こすかといえば、並み自分から逃げますし、本当に防御員君、向こうは暇なのだと思います。
とにかく厳しい土建屋君もいませんし、まあ意思を楽にしてやっていればいいと思っていましたが、リーダーも、道端に座りながら、注意して掛かるという事で、意思が楽な商いでありながら、くたびれるものでもあるよなとしていたプロセスでした。

橋の護衛員君の後日談。大変よね

警備員さんの後日談ですが、今日は工事がなく、ただ警備員さんは、ここを工事やるよと、それだけのためにおるみたいでした。
大変よな、警備員さんと思いながら通っているのですが、帰りに、警備員さんが余りにもヒマだったらしく、橋の下を「うわー高い」と見ていたら、一々やかましく言う上司主将がうるさく言っていました。
警備員のオジサン、戻ったのですが、相変わらず、あの出勤は本当に人脈です。
実際、災害が起きたら、警備員さんの力不足にされてしまうので、最低でも声かけはしなくてはならないのですが、通行人がそんなに災害を起こすかといえば、大体自分から逃げますし、本当に警備員さん、あっちは暇なのだと思います。
とにかく厳しい土建屋さんもいませんし、まあ考えを楽にしてやっていればいいと思っていましたが、主将も、道端に座りながら、注意して掛かるという事で、考えが楽な出勤でありながら、くたびれるものでもあるよなとしていた工程でした。