コンタクトの頻度が表現違うについて

同じ様に並べるつもりでも、右目と左目の視力って多少は違う事が多いそうです。
だから、眼鏡つくる時やコンタクトを購入する時には右目と左目の視力を測定して見合う度数のレンズを用意して味わうのです。
でも、身は自分でも受け入れる最適のんびりボンヤリタイプで、近頃コンタクトの表現を間違えて付けていたのです。
それが分かったのは、なんか現在右目が違和感あってお断りなと思っていたからです。
視線の疾病かしら、としてコンタクトをいつもより綺麗にタンパク質除去する薬剤使って洗ったりしていたまま、まさかな、と思いつつも付けていたのと表現逆にコンタクトをはめて見たんです。
そしたら妙にマッチ直感があって、やってしまったと気がつきました。
近頃、映りかたがおかしかったのは表現を間違えて付けていたからだったと判明したのです。
でもそれが分かったお陰で、視線の違和感は無くなったし安泰しました。
もしまた違和感があったら、まずは表現のレンズを間違えてないか確認しようと心に決めました。